人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昭和生まれで今年で人生半世紀、サボり癖で日記になってませんが今年からはちょくちょく上げる様に出来るのか?いや頑張ります。動力物が好物ですが早いスピードは苦手です~。


by bikefactry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

恐るべし v-max。

先日 ヤマハ v-max(カナダ仕様 フルパワー)を 駆るkonさんより
セルを回すとガチャギャチャと はじけそうな音がして エンジンが掛からない事が
あるとの事で 連絡がありました。

電話口からの症状で スターターワンウエイクラッチも異常であると 判断して
車両をお預かりして 不良部品の交換をしました。
一日で作業が終わり直ぐにお返しできると 思っておりました。

   が、 が、 が、-。

フライホイールが抜けない。 手持ちのプ-ラーでは歯が立たない。
で、急いで値の張るプーラーを用意して これでokと思いましたが、抜けない。
温めても何してもダメ。 そのうちに用意した工具のボルトが壊れました。

仕方が無いので 壊れた部分を特殊なボルトをあつらえて 再度 アタック。

最終的に もうどうなってもいいという 感じで恐怖に耐えながら
強烈な締め付けトルクをかけると なんとフライホイールが 
まっすぐに外れて飛んでいきました。 こんな空飛ぶフライホイール初めて見ました。
v-maxの作業でもこの場所は 鬼門となっているみたいですね。

はずれたワンウエイクラッチは 1200ccもあるエンジンを長年5万キロ弱働いてきた事で
とっても硬い金属のハウジングが割れていました。

ほんと 恐るべしといった修理になりました。
恐るべし v-max。_b0133403_109910.jpg

分かります? 完全に破壊されてますね。
恐るべし v-max。_b0133403_10103382.jpg

フライホイールがとれてあらわになった左クランクサイド。
by bikefactry | 2009-01-30 10:10 | 修理・メンテナンスの部屋