人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昭和生まれで今年で人生半世紀、サボり癖で日記になってませんが今年からはちょくちょく上げる様に出来るのか?いや頑張ります。動力物が好物ですが早いスピードは苦手です~。


by bikefactry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
期間限定で キムコ アジリティー50の試乗車が入ってきました。 日ごろからキムコってどんなんかなーと 思っておられた方は 是非この機会にバンバン乗ってください。 私 今回初めて乗ってみて日本車にはない車体剛性の高さに 気に入りました。 こちら
# by bikefactry | 2008-05-14 21:54 | 新着情報
ホンダ cb400sf  vtec3で 来店くださった兵庫県在住のtさん。 フェンダーレスもいい感じで仕上がってます。モリワキのフルエキが最高に素敵です ライディングも言う事なしです。当店にあるvf750fを試乗いただき久々のレトロホンダで当店試乗コースはいかがなものでしたか? また 是非お越しくださいませ。
御来店ありがとうございます。_b0133403_21362831.jpg

# by bikefactry | 2008-05-14 21:44 | ご来店bikerさん
セローの初期型 3rw1 エンジンがくたびれてきた事もあり まずは腰上をばらしたところ
ヤマハ セローエンジンオーバーホール_b0133403_1221480.jpg
ピストン側圧面に爪に 軽く引っかかる程の立て傷が シリンダーも同様に傷ついてました。 軽い焼きつきがおきていたようです
ヤマハ セローエンジンオーバーホール_b0133403_121557.jpg
 また 僅かにトップとセカンドのピストンリングの合口が 重なっており圧縮抜けと ブローバイガス抜けで真っ黒になってます。 これから 腰下の分解をしますが 順を追って載せてゆきます。
# by bikefactry | 2008-05-06 12:10 | 修理・メンテナンスの部屋
バイクには いろんな所にそれぞれ適材適所 必要な種類のベアリングが使われています。 整備する上で脱着に すごく気を使い難しいところもあり 場合によっては特殊工具が必要で 打ち込むときにハンマーなどで叩くと内部に圧痕が生じて異音が出る原因になる事もあります。
このベアリングは 必ず圧入しなければならないのですが どうして楽に入れやすくするために隙間をピッタリにしないのか? それは 摩訶不思議なことにベアリングを打ち込むのに隙間がゼロだと 本来ボールやローラーが転がる部分以外に シャフトやケースと結合されている部分で回ってしまうからです。 これは ベアリングのクリープ現象といって絶対に起きてはならない事で 非常に具合の悪い事なのです。ミッションなどを分解してみると 赤錆が発生している事があり これは オイルの水分でもなくクリープ現象そのものなのです。クリープが発生すると 金属の表面が酸化され 赤錆がでて磨耗します。ガタはさらに大きくなり 進行すると表面の一部がポロリととれたり 破損したりします。  シャフトの外径とインナーレースの内径を全く同じにして 隙間を理論上ゼロにしても ギヤボックスの中のベアリングにかかる力は数百kgから数トン掛かるとシャフト、ケース、ベアリング等の金属にも変形が生じて 隙間ができてしまう
それで クリープを完全に防止するには どうしてもシャフトの外径をインナーレースの内径より大きくして ギンギンに圧入するしかないのです。 やはり ベアリングの打ち込みには それなりに扱う人の技量が問われる整備箇所であり 旨くいったときは すごく楽しく思える作業でもあります。 ほんとにバイク整備といってもいろいろあり奥深いものである事を痛感いたします。
# by bikefactry | 2008-05-02 22:11 | 修理・メンテナンスの部屋

もう2ヶ月です

3月にオープンしましてから2ヶ月になりました!
当初はあれやこれや、と必死で一生懸命であっと言う間に一日が過ぎていたような
気がします。これからも今まで以上に頑張っていきますので、
皆さん、よろしくお願い致します。
# by bikefactry | 2008-05-01 12:44 | バイク工房日記